pianokyoushitsu のすべての投稿

4倍速で英会話をマスターできるカランメソッドとは

従来の学習法の4倍の速さで英会話を習得できると評判の、カランメソッド。
いったいどんな勉強法なのでしょうか。

カランメソッドとは、1960年にイギリスで開発された英語学習法。
以来半世紀以上に渡り、効果抜群のメソッドとして、
世界中で多くの人々に学ばれています。
通常よりも4倍速いという謳い文句は、
ケンブリッジ英検に合格した生徒をカランメソッド学習者と
それ以外に分けて調査したところ、
カランメソッド学習者は他の学習者の4分の1の学習時間で
合格できていた、という実際の調査によるものです。

カランメソッドのレッスンの基本は、
先生の質問に対して、生徒はその質問文をそのまま使って
フルセンテンスで回答する、というものです。
先生は同じ質問を2度繰り返しますが、
たとえ初級クラスでも、スピードはネイティブのしゃべりそのままです。
生徒はこれを瞬時に記憶して、その文を用いて返答をしなければならないので、
慣れない人には大変です。
質問文は決して難しいものではありませんが、
生徒がそれに対して誤った文章で答えたり、発音が間違っていたりすれば、
良くなるまで何度も反復させます。

カランメソッドのレッスンを受ける前に、予習をしていくことは厳禁です。
どんな質問が出るかを丸暗記していけば、返答するのは簡単なのですが、
それでは、カランメソッドのめざすような、
質問を日本語に置き換えることなく瞬時に英語で返答することで、
英語で考え英語でアウトプットする英語脳を作ることはできないのです。

カランメソッドによって英会話を学ぶ過程では、
ほかのメソッドよりもはるかにたくさんの単語を聞いたり言ったり
することになります。
毎回の反復練習を通して、これらの単語や、質問文の構文は、
まるでサッカー選手が毎日の練習を通して身につけたボールさばきのように、
英語学習者の体に刻み込まれていくのです。

実際にカランメソッドで英会話を学習した人は、
どのような感想を持っているでしょうか。
多くの人が指摘するのは、カランメソッドは非常な集中力を要するので、
1日に受ける時間は2時間ぐらいが適当だろう、ということです。
短期間で成果を出そうと、1日に5時間も6時間もカランメソッドの授業の
予定を入れても、かえって続かないというわけですね。
また、予習は原則通りしていかないほうがいいが、復習は必須とのこと。
なにしろ進み方が速いので、わからなかったところをそのままにしておくと、
いつまでも穴が残ってしまうということでした。

しかし、本来のカランメソッドとは、質問と返答のレッスンだけではなく、
音読やディクテーション、確認テストなど、
レッスンの効果をさらに高めるよう考慮されたカリキュラムが組まれています。
カランメソッドを謳ったスクールを選ぶ際には、
正しいカリキュラムに則って授業が進められているかも確認しましょう。

絶対上達しない人の条件、やってはいけない事

今までの間違った英語学習ではどれだけ頑張って勉強しても喋れるようにはなりません。

★ほとんどの人があてはまる絶対上達しない人の条件

・「話せるようになりたい」と夢ばっかり追いかけて努力をしない。
学ぼうとする熱心さ,強い意志と実行力がない人。(99%の人)

・「海外へ行けば自然に喋れるようになるだろう」と思って、ロクに勉強もせずに親の金で留学している人

・自作表現集(辞書)を作っていない人

・英語はとりあえず通じればいいと思ってる人

・超基本的なことも知らない人

・自分の英語力を過信している人…(Netのサイトなどに多い)

★やってはいけないこと

・TOEIC,英検の勉強はしないこと
(受検英語になるだけで、満点でも世界には通用しない)

・私は英語ができるという思い込み

・単語だけを覚える事

・映画やドラマの英語を字幕無しで聞こうとすること(上級者はOK)

・スラングを勉強すること、日常会話ではまず使わないので意味がない

・ネイティブの言うことをむやみに信じること
(かなりいいかげんに教える)

・英会話さえちゃんとできないのにTOEIC、ビジネス英語を始める

・これを英語でどういう..日本語をむりやり英訳しても意味がない

・英文を日本語に訳す勉強はほとんど上達はしません。
本や新聞を読めたりはできるようになりますが、喋れるようにはなりません。
喋る行為はまさに日本語を英訳する行為なのです。

・英語のできない人同士、日本人同士で英語の文通(メール)をしないこと。
たどたどしい間違いだらけの英語では、絶対長続きはしない。

・他人の英語の勉強論や上達論を聞くことは、全くムダなこと、
それより、具体的な問題ひとつでも解くことが上達の近道。

・自称「英語通」や「こうして英語がうまくなった」というサイトを読むこと、
こういうサイトは「受験英語のテクニック」を唱えてるだけです。

・サイトやコミュニティの「これはどう言うんですか?」「これを訳してください」は
いい加減な答えが多いし、それを鵜呑みにしてる人がたくさんいる。

・英語のコミニティなどの掲示板は日本語英語が氾濫しているので、
 読む事自体が時間のムダ。

★必要ではない、役に立たないもの

・日本語ができないネイテイブの先生は、教え方を知らないのが普通。喋れることと教えることはかなり違います

・英語の個人レッスンは、たくさん話せるが上達は望めない、費用が高いだけです。

・市販の英語教本, CD教材は、英語が喋れない人が作ってるので間違いがかなりあります

・1,2年の短期語学留学は、自分の語学力の無さを痛感させられるだけ。体験旅行と割り切ればOK。
留学経験者のほとんどは、帰国すると英語の勉強はもうしません。
いずれ、英語は全て忘れてしまうのが普通。

親の金で留学してるから真剣さが足りない人がほとんど。

みなさん、気を付けましょうね!

英会話上達のコツ

英会話上達に絶対必要なものは何でしょう?
9個にまとめてみたので、紹介します。
参考にしてみて下さい。

英会話上達に絶対必要なもの

1、自作の表現集(辞書)を作りましょう。絶対必要となります、、、(通訳,翻訳などのプロはみんなそうしています。)

例:新しく覚えた英語表現とその日本語訳をかたっぱしからメモって、ある程度の量になれば分野別に整理する事です。

2、まちがってる英語に早く気づく事です。そして、できる限り、初めから正しい英語を学ぶことが大事となります。
(すでに手遅れかも知れませんが、、、)

3、皆さんは知らないかも知れませんが、英語は何でもない日常表現が決まり文句(フレーズ)になっているものがかなりあります。
実際によく使われている決まり文句から先に覚えることが近道です。
単語だけ覚えるのは無意味なので、必ずフレーズで覚えてください。

4、自分のわからない事をリストアップする。
それをひとつひとつ完璧にわかるまで、調べるなり人に聞くなりして、解決していく。
解決するまで調べて下さい。その「分からない事を調べる」と言う行動が、必ずあとから力となります。
ちなみに、初級者の人は約1,000個ぐらいはあるでしょう。

5、リスニング
英語は書いた文字と実際の発音はかなり違います。
省略して、早く発音しますから日本人にはかなり難しいです。
それに自分の発音が悪いとリスニングは絶対出来ません。

毎日、DVDで映画、ドラマを最低30分は見ると良いです。理想は2時間ですね。
音声日本語+英語字幕が最も効果的です。
日本語字幕無し、英語だけで聞こうとはしない事。

英語字幕を読むことは、頭の中で知らずに知らずに、英語を喋ってることになります。
字幕を早く読むためにはフレーズを覚えることが絶対必要となります。

6、ひとつの表現を覚えたらその応用形が言えるようにすることが大事。

7、ある表現を覚えるときは、どんなときに誰に使えるのか、使えないのかを理解する事。
さらに大事な事は、しっかりと言葉のニュアンスを覚えること。

8、できるだけ多く英語の問題に答える、、、(自分の実力がわかる、早く覚えられる)

9、バイリガルのネイテイブの先生、、、(可能な限り)
英語がよくわかってる日本人の先生、、、(ほとんどいない)

もう一度言いますが、最初の1歩は、、、

「自作表現集」を作ることです。
後で検索しやすいようになるべくコンピューター入力にすると分かりやすくてオススメです。(Excel入力推薦)。

頑張りましょう!

英会話の上達方法

英会話の上達方法で、効果的だなと思うものをご紹介したいと思います。

英会話を自分のものにするために必要なことは、まずは自分のレベルを知ることです。
そして、それより少しだけ背伸びをした本を購入して音読をし、わからない単語を、
出来れば英英辞典で調べることをお勧めします。

大切なことは、英語を聞いた時にそれを頭の中で日本語変換することなく、英語のままで
理解する力を養うことです。

もしあれば、ネイティブの人が音読してくれているCDが付属している本を購入し、
それを聴きながら、発音を真似て音読する方が効果的だです。

そして、この時覚えた新しい単語ですが、これを忘れないようにしなければいけません。
この単語を自分のものにするためにはどうしたら良いかというと、
その単語を使った構文を数個作り、暗記帳に書き留めておくと比較的忘れにくいでしょう。

例えば、「proud」という単語がわからず英英単語で調べたとしましょう。
そこで、センテンスとして「I am proud of you」を覚えておけば、単語の意味と同時に
使い方も覚えられます。
また「proud of」という熟語も覚えられます。

こうやって少しずつ語彙を増やしていくことは、英会話を学ぶ中で非常に大切なことです。
単語力があれば、会話力も上がります。

また、英語字幕のある映画を観ることも非常にお勧めできる英会話上達方法です。
映画は、日常会話が使われているので、本来使われている会話の言い回しなどを覚えるのに
とても便利だです。

始めは何を言っているか全然わからないと思いますが、何度も聞き、そして字幕を見ているうちに
耳も慣れて、自然に言葉が頭の中に入ってくるようになります。

始めは子ども向けのものを見ると、挫折しにくいのではないでしょうか。

それから、耳をならず方法として英語の音楽を聴くことも効果的な方法です。
まずは、耳をならすことが大切なので、何を言っているかわからないかもしれませんが、
英語を聞く時間をなるべく長く持つということが大切なことです。

インプットばかりでは、なかなか会話力にはつながりません。
アウトプットも必要です。
これは、英会話教室に通うなどして会話力を付けることが大切になってきます。

金額的なこともあるし、忙しい方もいらっしゃるので、なかなか難しいと思われるかもしれませんが、
近頃ではオンライン英会話など、比較的金銭も安く時間の融通のきくものもありますので、
そういったものを利用すると良いのではないでしょうか。

外国人と会話する際の緊張を無くす

英会話を日頃からトレーニングしていても、いざ、話そうとすると、

「緊張してしまう、、、」

そんな人は多いと思います。

私も以前はそうでした。

これをどう乗り越えるかが
英会話上達のポイントでもあります。

「緊張を乗り越える方法 」

外国人と話す時、状況にもよると思いますが、
緊張してしまう事の多くが、

『初めて会う相手との会話』

だと思うのです。

「よし、話しかけてみよう。

でも、挨拶のあとに色々話されたら…」

こういう事を考えてしまうと余計に話せなくなります。

しかし、本当の意味での

『英語上達の壁』

はその先に存在します。

話さなければ上達は不可能です。

「じゃあ、どうすればいいの?」

それは、

『事前に話す内容を準備しておく』

という方法が色々試してきた中では抜群の効果を発揮します。

紙に書いても良し、パソコンでタイプしておいても良し。

あらかじめ自分の会話パターンだけでもスラスラ言えるように丸暗記し、そらで話す練習をしておく。

準備の仕方は、

1、こういう話をしようと日本語で考える。

2、それを英語で言うにはどうしたらいいかを調べる。

3、それを書いていく。

この3ステップです。

もちろん、想定した状況と違う場合もありますが、この用意があるかないかで話す際の自信はまったく違うのです。

「言いたい事を予め用意しておくことで、
事前に対応できるようにしておく。」

これが基本であり、英会話上達の近道です。

自分の言いたい、伝えたいことを準備する。

そのプロセスの中で、伝えたい表現、英単語、、、次々に覚えていきます。

これは英語に限らず、日本語でもそうだと思うのです。

例えば、あなたが一週間後になにかしらの発表があったら、当然全体の流れ、言葉など細かい部分まで準備をすると思います。

逆に、いきなり自分が指名されて大勢の前で、

「さあ、話して下さい」

と言わたら、これは日本語であっても緊張して話せない人が大半だと思います。

発表など人前でなくても、突然、知らない人から話しかけられて、スラスラ話せる人はそうはいないと思います。

日本語でも英語でも、ある程度、

『こんな事を話そう』

と考え、準備をしてきているからこそ、うまく話せるわけです。

英会話を上達させたい!

そう思うのであれば、一度、準備の部分から見直してみてください。

準備をし→人前で話す→通じる。

試した後の記憶力の高さに驚くはずです。

学校のテストは、終わればすぐに忘れます。
しかし、準備して試した“英会話”は忘れません。

英語は、学問ではなく、話す運動です。

覚えておいてくださいね!