絶対上達しない人の条件、やってはいけない事

今までの間違った英語学習ではどれだけ頑張って勉強しても喋れるようにはなりません。

★ほとんどの人があてはまる絶対上達しない人の条件

・「話せるようになりたい」と夢ばっかり追いかけて努力をしない。
学ぼうとする熱心さ,強い意志と実行力がない人。(99%の人)

・「海外へ行けば自然に喋れるようになるだろう」と思って、ロクに勉強もせずに親の金で留学している人

・自作表現集(辞書)を作っていない人

・英語はとりあえず通じればいいと思ってる人

・超基本的なことも知らない人

・自分の英語力を過信している人…(Netのサイトなどに多い)

★やってはいけないこと

・TOEIC,英検の勉強はしないこと
(受検英語になるだけで、満点でも世界には通用しない)

・私は英語ができるという思い込み

・単語だけを覚える事

・映画やドラマの英語を字幕無しで聞こうとすること(上級者はOK)

・スラングを勉強すること、日常会話ではまず使わないので意味がない

・ネイティブの言うことをむやみに信じること
(かなりいいかげんに教える)

・英会話さえちゃんとできないのにTOEIC、ビジネス英語を始める

・これを英語でどういう..日本語をむりやり英訳しても意味がない

・英文を日本語に訳す勉強はほとんど上達はしません。
本や新聞を読めたりはできるようになりますが、喋れるようにはなりません。
喋る行為はまさに日本語を英訳する行為なのです。

・英語のできない人同士、日本人同士で英語の文通(メール)をしないこと。
たどたどしい間違いだらけの英語では、絶対長続きはしない。

・他人の英語の勉強論や上達論を聞くことは、全くムダなこと、
それより、具体的な問題ひとつでも解くことが上達の近道。

・自称「英語通」や「こうして英語がうまくなった」というサイトを読むこと、
こういうサイトは「受験英語のテクニック」を唱えてるだけです。

・サイトやコミュニティの「これはどう言うんですか?」「これを訳してください」は
いい加減な答えが多いし、それを鵜呑みにしてる人がたくさんいる。

・英語のコミニティなどの掲示板は日本語英語が氾濫しているので、
 読む事自体が時間のムダ。

★必要ではない、役に立たないもの

・日本語ができないネイテイブの先生は、教え方を知らないのが普通。喋れることと教えることはかなり違います

・英語の個人レッスンは、たくさん話せるが上達は望めない、費用が高いだけです。

・市販の英語教本, CD教材は、英語が喋れない人が作ってるので間違いがかなりあります

・1,2年の短期語学留学は、自分の語学力の無さを痛感させられるだけ。体験旅行と割り切ればOK。
留学経験者のほとんどは、帰国すると英語の勉強はもうしません。
いずれ、英語は全て忘れてしまうのが普通。

親の金で留学してるから真剣さが足りない人がほとんど。

みなさん、気を付けましょうね!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中