英会話の上達法として効果的な学習法

“日本の学校教育で中学から大学4年まで10年間英語を学ぶとして、その中でセンター試験や二次試験・TOEIC・TOEFL・英検等の試験で高得点を叩きだし、旧帝大レベル以上の学校に入学できるレベルでも、英会話は全く出来ず、またヒアリングもテキスト的なモノだけで生の英語も解らず、本を読んで論文を書けても極めて速度が遅く、また映画やスポーツ中継の内容もほとんど理解出来ないという方が多いのが現実です。

10年語学を学んで、聞けず、話せずという厳しい現実があり、今から英語を学んでも、自分より学生時代に遥かに優秀だった人達が英語出来なかったのだから、英語なんて学んでも無理と思う方も多いでしょうけれど、学校英語で挫折した人が英会話を出来ないという事には繋がりません。

小さい子供が毎日親から言葉を語りかけられて、反応する事で子供は言葉を覚えて行くように、語学は触れる機会が無いと上達が厳しいものです。

語学センスのある方や、一度他言語を体系的に学んだ方、またはそういう知識を親や指導者から伝達される環境にあったならば、効率の良い語学習得が可能でしょうけれど、普通はいかに普段から使うかが重要で、学校教育で行っている英語は、じっと机に座り、文章を読解し、書くというだけの方式ですから語学が身に付くというよりも、本の読解と論文を書く為の力です。

会話は喋って聞いてこそで、使わない筋肉は脳が不要と判断するように、断片的に授業で座って学んで語学が身に付く方がオカシイです。

英会話スクールは無数にありますが、学校教育方式の文法から身に着ける授業もあれば、そうではなく会話主体で学ぶ所もあるので、学校挫折組でも違う方法で学ぶ事が可能です。

ただ、英会話スクールに行く間だけしか英語に触れる機会が無いのでは効率が悪く、また外人の先生のレベルも解りませんし、数名の外人の方としか接する機会が無い事もあります。

最近では会話という意味ではオンライン英会話スクールがあり、何時でもネット接続環境があれば外人講師とマンツーマンで指導を受ける事が可能になっています。

利点は時間を選べる事と、先生を無数の講師の中から選べるので、様々なタイプの方とコミニケーション取り、常にネイティブ英語に触れる機会があるのです。

こういう教育システムは大いに活用すべきと思いますし、雑談も可能で英会話に触れる事が出来るので、日常会話レベルを学ぶには良い環境です。パソコンとWEBカメラが必要ですが、これで簡単なコミニケーションを取り、その後現地に行くなり、多数の外人集団が居る中でコミニケーションを取れれば相乗効果を得られます。

まず簡単な英会話に自信を付けるという機会、ハードルをクリアするのが従来難しかったので、ここが上手く行けば、勝手にコミニケーション取れる方も多く、あとはひたすら実戦です。

語学の最初のハードルであるちょっとしたコミニケーションを取る、ここをクリアする為にもオンライン教育は効果的でしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中