児童英検を積極的に取り入れているスクール

“小さなころから英語を習っておくと、大人になった時にスムーズに英語を話せるようになりますね。
そのため、小さなころから英語教育に力を入れている保護者の方も増えています。

今では、小さなお子さんでも通うことができる英会話スクールも増えていますので、お子さんでも本格的な英語を身に着けることはできるでしょう。

ただし、スクールに通わせればどの子でも英語を身につけられるかというとそうでもなく、スクール通わせたものの英語を身に着けることができない場合もあります。
まずは、子供が興味を持てるようなカリキュラムが組んであるのか確認しておく必要があるのです。

子供の場合には、集中力もきれがちですし、楽しくないと自分から勉強したいと思わせることも難しくなりますので、絵本を使ったり歌を歌ったりと遊びの要素を盛り込みながら教えてくれるスクールを見つけてみるとよいでしょう。

さらに、スクールを見つける時には、児童英検に対応しているのかも選ぶためのポイントになります。

英検というと、中学生や高校生が受けるものだというイメージがありますが、子供も受けられる児童英検というものも存在しているのです。

児童英検では、どの程度英語を理解しているのか、また正しく英語を聞き取れているのかチェックしていくことになります。
児童英検では、ブロンズ、シルバー、ゴールドという3つのグレードが存在しています。

ブロンズは、簡単な英語を理解できることが条件になり、シルバー、ゴールドに進むにつれて、より高度な英語を身に着けている証しとなるのです。

それほど英語に対して理解度が深くないときには、ブロンズの英検から受けてみるとスムーズに合格することができるでしょう。

児童英検では主にリスニングに注目して試験を行っていきます。
そのため、正しい英語の理解力を深めることができるようになります。

また、一般的な英検とは違い合格判定が行われず正解率で表示されますので、お子さんも試験に落ちてがっかりすることなく、逆により正解率を高められるようにやる気を引き出すこともできるのです。

英会話スクールの中には、この児童英検を積極的に取り入れているところもありますので、そのようなスクールを選んでみるとよいでしょう。

子供が英語を身に着けるためには、楽しみながらレッスンを受けられることが一番重要になります。
そのためには、児童英検を受けられるスクールを見つけてみると無理なく学んでいくことができるでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中