英会話の上達方法について(仕事で必要な場合)

“仕事で必要な場合や就職の武器として英語を使う場合は、TOEFL,TOEIC,英検などが必要になってきます。
日本の会社などでは英検も認識されていますが、会社から海外の大学院などに留学される場合には必ずTOEFLのスコアが
必要になってきます。それぞれの試験の方法はかなり異なるので、自分が受けようとする試験に応じた対策が必要です。

TOEFLなどは試験会場で実際にスピーキングの試験もあります。同じ会場で複数の人間が行うので、他の人の話に
引きずられないことなどが必要です。一度試験を受けてみれば試験の雰囲気は分かりますが、一回の試験料が高いので、
気軽に何度も受けて見ると言うわけにはいきません。また英検はそれほど頻繁には受けられないので、いつまでにその試験の
結果が必要なのかきちんと確かめてから試験を受けなければなりません。

実際の対策についてですが、それぞれの試験対策の講座が英会話教室には設置されていたりします。ですがこのようなスコアが
仕事で必要な場合は会社員が多いでしょう。いつも決まった時間の講座に集中して通うことは難しい場合もあります。
そんな時にはそれぞれの対策本が各種売り出されているので、それを確実にこなしていくことが必要です。
試験によって要求される単語の種類や数も違っています。また上級になればなるほど語彙が豊富なことが求められます。
これは自分でボギャブラリーリストを作って、地道に覚えていくしかありません。これはとても根気がいる作業であると
同時に時間がかかります。会社の行き帰りなどで交通機関に乗っているような、隙間隙間の時間を活用していくしかありません。

英検の試験は英語の力と共に日本語の力も試されるような所がありますが、TOEFL,TOEICは純粋に英語の力を見られます。
日本人は読んだり書いたりは得意ですが、聞いたり話したりは不得意です。日頃からできるだけたくさんの英語に接するように
してください。テレビのニュースは必ず2ヵ国語で聞くようにし、最近はNHKの教育テレビでも海外の授業を英語で聞けたりする
ような番組もあります。テレビでやっているような映画を原語で見るのも息抜きにはいいですが、試験対策にはなりません。
ニュースや報道番組のようなものを出来るだけ英語で聞くようにしましょう。

このような資格試験でいいスコアを取るために努力することは、必ず会話力のアップにつながります。知らず知らずのうちに語彙が
増えますし、きちんとしたフルセンテンスの英語に接することで、結果的に英語の構文が頭に入っているのです。試験の対策本には
スピーキング練習の項目もありますから、こちらも忘れずにきちんとこなして、是非いいスコアが取れるようにがんばりましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中