英会話力をアップさせるための方法とは

“最近では日本国内の企業であっても、社員に英会話力を磨くよう奨励しているところが多くなってきました。このような状況では、いつまでも英語が苦手などと言ってはいられません。積極的に勉強して、英語を自分の武器とするようにしてください。

そのためにもまず行なっておきたいのが、単語やイディオムを増やす学習法です。英会話ではよく、簡単な文章でも通じると言われます。しかしそれでは、ビジネスシーンでは物足りないものです。あまりにシンプルな単語しか発せない人は、信頼も得られません。ビジネス英会話で使われる単語などを、集中的に学ぶようにしてください。

単語やイディオムを覚える方法としては、昔ながらの単語帳を使うのが一番です。いつでもどこでもチェックできるので、学習の機会を失いません。もちろんスマートフォンなどを活用してもいいのですが、書き込みや閲覧に時間がかかることもあり無駄な場面もあります。特に自分の手を使って単語帳やノートに書き込む作業は、五感を使った学習法にもつながるので効果的です。

ある程度単語類を覚えたなら、次はシャドーイングも始めましょう。これは英会話などが録音されているテープを聞き取り、それを後追いして自分で発するというものです。聞き取れない場合には、テープの内容が書かれているテキストを見ても構いません。シャドーイングではテープから聞こえる英文を真似ることで、脳や聴力、さらには発音を練習することにつながります。時間のある時など短時間でも構わないので、少しずつシャドーイングに取り組む時間を増やしていきましょう。

シャドーイングを行うには、それに使う英会話テープの選び方がカギになります。あまりに難易度の高い教材を選んでしまうと、聞き取れないまま興味を失ってしまいます。また、英文の内容もある程度平易でない場合、意味がわからないことからつまらないと感じてしまいます。自分のレベルに合った教材を探し、使うようにしてください。

英単語を覚えることやシャドーイングなどは、自分で英会話力をアップさせるためのインプット作業と言えます。ある程度そのインプット作業ができたなら、次はそれを自分から発する訓練であるアウトプット作業を行います。

そのためにも欠かせないのが、英会話教室などです。ネイティブの講師の方を相手にして、これまで学んだ英会話力を試してください。これを行うことで英語に関する知識を固めることができ、さらにこれまでは断片的だった知識をネットワーク状に構築し直すことができます。

英会話を上達させるためには、このインプットとアウトプットの二本柱を確認しながら行うことが重要です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中