まずは英語そのものに慣れること!

“英会話の上達について、なによりも大事なのは「量」です。
わざわざ勉強しよう、という気構えなくいかに日常的に浴びるように英語を聞き続け
話し続けるか。その意味で留学や旅行は非常に役に立つもので、筆者は1ヶ月ほどの旅行から
戻って明らかにヒアリングが上達していたという経験があるのですが、これは経済的にややハードルが
高いのが難点です。

また、ひとくちに「英会話」といっても何を狙いとするかによってもポイントが変わってくるので
分けて説明したいと思います。

まず、ヒアリングの向上について。
これに関しては先述した「量」が最も大事になります。
好きな映画などを英語で聞き取れるようにしてみるのが最も効率がよいでしょう。
この場合、普段使うか、内容などは特に問題ありません。とにかくぐちゃぐちゃっと聞こえていた英語が
きちんと英文として聞き取れるようになること。
〜〜〜と聞き取れないのがドゥユーライクと聞き取れるようになるか、「慣れ」が一番大事です。

ある程度量をこなしていくと、今度はテストにおけるヒアリングが非常に丁寧に聞こえるようになります。
そうすればしめたもの。TOEICなどでもヒアリングの内容そのものはそんなに難しいことは聞いてません。
「誰がどこで何をしているか」がわかれば十分です。

次にスピーキングについて。
これはまず友人との日本語での日常会話でも「これ英語でなんて言うんだっけ?」という癖をつけることが大事です。
最初は恥ずかしいかもしれませんが、スクールなどで日本人同士で英語で会話すると相当鍛えられます。
ただし正解がすぐ調べられないことも多いので、補助的に英語のわかる先生に相談できるのが何よりです。

マンツーマンやグループレッスンは上記2点を鍛えるのに適してると言えるでしょう。
発音に関してもひとりではなかなか難しいので、誰か先生がいるのが望ましいです。

リーディングについては、こちらも量が必要となりますが最初はさほど難しいものである必要はなく、むしろ
絵本ぐらい簡単なものでよいでしょう。とにかく英文がわっと並んでいるのに拒否反応を示さないようにすること。
内容はおおまかであればいいです。わからない部分はどんどんとばす。それでもいいからとにかく読みすすめる。
映画と同じく、好きな小説や絵本の原本があれば理想的です。

文法やイディオムについては、覚えていくしかありません。
その代わりこれはヒアリングやスピーキングと違ってひとりで好きなときにできます。
電車での移動などスキマ時間を利用するのがよいでしょう。

また、目的について。
TOEICなど、資格を目的とするなら文法やイディオムをきちんと覚えるのは必須です。
ただし日常英会話や旅行英会話となると、そうした文法やイディオムをきちんと覚えようとする必要はありません。
むしろことばに詰まるくらいならそんなものはどうでもいいと割り切るくらいで構いません。
前置詞はひとまずすべてinにしてしまっても、単語を並べるだけでも通じます。
「英会話」としてはその意識が大切でしょう。

間違ってもいいです。気楽に、気軽に。
それを心がけてください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中