英会話を学ぶ際に注意すること

“ 英語に関しては、ほとんどの方が高等学校等で履修してきたかと思いますが、英会話となると、いくら英語を履修していたからと言って、喋ることのできない方が多いと思います。英語は万国共通の国際語としてその威厳を発揮していますが、世界的にも簡単でもなく、難しくもない言語とされています。書き言葉の英語に嗜んだことのある方ならば分かるかと思いますが、英語は古来から伝承の度に英単語が変化をし、現代では不規則変化動詞なるものが存在するようになりました。例を挙げるなら、「read」は過去形、現在分子形が同じ発音をします。つまり、聴手にしっかり文脈が伝わらないと意味の相違が生じてくることになります。一方で、英語は文章構成が有限のため、一度型を覚えてしまえば、公式のようにそれに当てはめていけば良いことになります。これらのことから、英語は簡単でもなく、難しくもないと言われます。では、英会話の上達のためには何をやっていくのが良いのでしょうか。
 英会話は日本語と同じく、他者との言葉の発し合いにより成り立ちます。会話はスムーズに進まないとお互いにイライラの起因になりますので、英会話を習得する際には頭で構文を考えないことが前提となります。日本語を喋っている時を想像してもらえば分かりますが、何かを発したいことが決まってから、話す言葉を決めているのではなく、話す言葉が決まっていて、それから状況に応じて話しますよね。日常生活でいちいち構文を考えている時なんてないのです。考えているのは状況に合った言葉だけです。そのため、予め頭に様々な構文を収納しておくことが必要になります。構文を覚えるには日常生活英会話に関する書籍を購入して勉強するのが一番です。なぜ、普通の構文書ではなく日常生活英会話の書籍である必要があるのかと言うと、普通の構文書は堅い表現しか載っていないからです。例えば、「Can I help you?」という表現は日本語にしてしまえば、「何か力になりましょうか」のような意味になりますが、英語では一意にこのようには言えません。なぜなら、「Can」、「Could」の2つが英語には存在するためです。後者は主に友人等の親しい関係柄の場合に用いて、前者はそうでない場合に使います。つまり、友人であるにも関わらず、上記のような言い回しをしていては、友人が上司のような立場に成りかねません。このように、普通の構文書では日常の英会話に適した表現が載っていないことが多いため、日常生活の各場面に適した表現が乗っている書籍を参考にしましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中