日々進化する英会話学習法

“英会話の学習方法は、日々進化しています。
学校を卒業して以来、英語に縁のなかった人が、
何らかの理由で英会話を学ぶことになったとき、
書店の英会話コーナーでまず悩むのが、初めて聞く学習法の名前です。
シャドーイング?ディクテーションって何?フォニックスとはなんぞや?
これらの学習法はそれぞれに有益なものですが、
すべてをいっぺんに進めて行くのは時間的にも体力的にも無理でしょう。
ここでは、現在の英会話学習で一般的に行われている学習方法について、
主なものを説明します。
その中から自分に合った方法を見つけるための参考としてください。

まず、シャドーイングについて。
シャドー、つまり影という名の通り、お手本となる英語の音声を
CDなどで聞きながら、その真似をして影のようについて発音していく方法です。
お手本にするのは、映画やテレビなどの音声ではなく、
英語学習用に作られた、プロのナレーターや声優がスタンダードな英語で
書かれた台本に基づいて標準的な発音で話している音声です。
真似するときは、文章の最後まで待つ必要はなく、
聞こえた単語をその側から口に出していきます。
シャドーイングによって、まずリスニングが上達します。
特に、複数の単語をつなげて発音するリエゾンという音も、
聞き分けて自分で発音することができるようになります。
次に、発音が良くなります。
通常の音読と違い、お手本が常にあるため、そっくりに真似することで、
自然と正しい発音が身に付きます。
また、実際に使われるような英語の文章をまるごと繰り返すことで、
その文体が体にインプットされ、スピーキングやライティングのときに
自然にアウトプットできるようになります。
こうした利点から、シャドーイングは多くの英会話学習者に指示されています。

次に、ディクテーションについて。
これは、英語の音声を聞いて、聞こえた通りに書き取っていくことです。
使用する英語教材は、台本が手に入るものを選びます。
英文は、1センテンスか一つの文章を区切りとして聴きます。
このとき、文意自体にはあまりこだわらなくていいのです。
耳を澄ませて聴き、単語を判別し、リエゾンで一体化した単語の正体を
つきとめて、すべての単語を書き留めます。
何度も繰り返してみて、限界と思ったら、台本を見て答え合わせし、
再び音声で確認します。
ディクテーションを行うと、聞き流していては気付かない、
微妙な発音やリエゾンが聞き取れるようになり、
正しい英語の構文や文法を理解できるようになるのです。
書いたり答え合わせしたりと手間はかかりますが、
確実に英語の総合力がつくとして、これも人気の学習法です。

その他にも、英会話の上達法には様々な手法が存在します。
あなたの弱点を補い、長所を伸ばすような方法を見つけ、
総合的な力をアップさせていきましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中