語学留学の落とし穴

安易に期待しがちな海外留学は、実は「落とし穴」だらけです。
「海外に行けば自然とうまくなる」なんて幻想はさっさと捨て去り、””リアル””な英語を身につけていきましょう。

海外へ行っても英語が伸びないタイプがあります。
あなたにも心当たりありませんか?

留学しても英語が伸びない人のワケ 

 【1】 海外へ行けば英語は必ず上達すると思ってる人
【2】 語学学校へ通う事が目的と思っている人
 【3】 数ヶ月で英語の伸びを期待する人
 【4】 英語は「教えてもらうもの」と勘違いしている人
 【5】 日本の勉強で基礎は理解してると思ってる人
 【6】 留学生同士の心地よさに埋もれてしまう人
 【7】 日本人を避ける事にこだわる人
 【8】 不必要に早く喋ろうとする人
 【9】 他人の英語力が気になる人
【10】 行動する事だけで満足してしまう人
【11】 英語力アップの成果をTOEICスコアに求める人
【12】 動詞をフレーズで覚えない人
【13】 自分なりの学習法を持っていない人

語学の習得に、魔法のようなショートカットは絶対にありえません。
努力無しの上達も絶対にありません。
「海外」という環境があなたを変える訳じゃありません。
あなたを変えるのは、あなた自身なのです。

大義名分だけ一人歩きしがちな「語学留学」
行けば上達するだろう、、、的な他力本願。

海外生活しながら英語を学べば「英語が上手くなって当たり前」と妄想を抱いてませんか?10年以上も住んでいる移民でさえ英語は初級レベルという人も多いのです。
海外に行ったって、自動的に英語が伸びるなんて事はまずありえません。
英語は海外に行くから伸びるのではなく、海外で自分が努力するからこそ伸びるのです。

満足のいく成果があったかどうか、それは帰国する時のあなた自身が一番よくわかっているはずです。
その瞬間が来るのが、あなたは怖くありませんか?
実際に、大金をはたいて語学留学したものの、何を学んだのか分からないまま帰国する人は多いです。
その、無意味な単なる「海外旅行」だった事に気付かない人さえいます。

海外の英語学習で本当に満足のいく成果を得る人はほんの一部。
これが現実です。

ただし、

甘い環境に流されず英語習得に励めば成果を得る事は「絶対に」出来ます。

王道やコツはあるのです。

色々書きましたが、語学留学は、英語習得の確かな手段です。

これから語学留学を検討している人は、単なる「海外旅行」にならないように、頑張って下さいね!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中