自宅で出来る英会話の上達法

“英語でコミュニケーションをとれる人って、それだけでかっこ良いし海外でも心強くて憧れますよね。
今後の経済を考えても、英会話が出来たに越した事はありませんし、英語を話せる事で可能な物事も世界も広がります。
学生の間では英会話のレベル向上を見直されていますし、社会人は英語の出来不出来で昇進の有無が決まってしまうケースも多々あります。
そんな現代で大切な英語ですが、最低限の英語教育を受けてきたとは言っても、日本人は基本的に英会話を苦手だと感じています。
事実話す事は元より、英会話の聞き取りが出来ない事が1番の問題となっているのです。
ネイティブの話す英語を聞き取るには、幼い頃から耳に英語を慣れさせる事が最も効果的な方法だと言われています。
ですが大人となった今からでも、十分英語を聞き取れる様になれるのです。
実際に全く英語が話せない状態で渡米した方が揃って言う事が、とにかくニュースでも映画でも生の分かりやすい英語をひたすら聞き続ける事だそうです。
スラングが多い音楽や、専門用語が多くて内容が難しいドラマなどではなく、出来るだけ公的な物をリスニングの参考にすると早く聞き取れる様になります。
どこか公園やカフェで周りの人が話す英語をそれとなく聞いてみたり、完全な英語初心者は字幕付きでも日本語訳から英訳の字幕に変えて、慣れてきたら字幕無しで繰り返し見直したりすると効果的です。
英会話はその場で瞬時に単語を組み立て、正しい文法で話す事が当たり前の様ですが、ネイティブですか細かい文法などは日頃から間違えますし、ある程度理解をしてくるとお決まりのフレーズを頻繁にネイティブ達が使用している事に気がつきます。
その日常でよく使うお決まりのフレーズを少しづつ覚えて、フレーズの引き出しを作ると良いのです。
すると自然とこの問いにはこの返しをする、この名詞や動詞の単語を自分が伝えたいものに入れ変えれば言いたい事が伝わるんだ、と言う風になり英語が話せる様になるのです。
なにも完璧を求めなくても良いのです。
返しが思いつかなければ、簡単な単語を言うだけでも相手はこちらの言いたい事を汲み取ってくれますし、物怖じせずに間違ってでも話す事が1番ネイティブ達に受け入れられます。
これらは一般的な日常英会話を目指す場合のものなので、勿論ビジネス英語の場合はマナーなども考慮しなければならないのでより勉強が必要です。
英会話の上達法として最低限単語の意味が分からないと何も理解が出来ないので、まずは英単語を勉強し、それからリスニングにスピーキングへと進めて勉強する事をオススメします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中