英会話の基礎力を多読でつくる

“英会話の上達に役立つとして注目を浴びているのが、多読という方法です。
会話をするのにリーディングをすすめるというのはピンとこないかもしれませんが、
この方法で英語という言語そのものに慣れることで、
正しくわかりやすい英語がスムーズに口から出てくるようになるのです。

多読の特色は、自分にとって簡単すぎるほどのレベルから始めることです。
具体的には、ある程度のスピードで読み進めることができ、
わからない単語があっても前後の文脈からだいたいの意味が取れて、
物語全体の流れはつかめる、ということです。
英語の苦手な人は、ネイティブの幼児が読むような絵本から始めることも
ありますし、それどころかまったく文字のない、絵だけの本から
始めることすらあります。

このとき大事なのは、辞書を引かないということです。
知らない単語にいちいちこだわらず、文章全体を読み通します。
重要な単語やイディオムであれば、たくさんの本を読むうちに
何度も出てくるので、だんだんと意味を類推できるようになります。
二度と出てこなければ、今の時点で辞書を引いてまで覚える必要は
なさそうだと判断できます。

こうして、楽に読めるレベルの本を何冊も何冊も読み、
スピードがさらに上がったところで、もう一段階難し目のレベルの本を
読むようにします。読む時の注意は、前のレベルと同じです。
英語をいちいち日本語に訳さず、大量の文章をインプットしていくことで、
英語の文章の基本となる骨格が、おのずから染み込んでくるのです。

このメソッドによって、リーディングの力だけでなく、
ライティング、リスニングにも効果がみられます。
多読を経験した人が英検やTOEICを受験してみると、
特別に受験勉強したわけでもないのに、級や点数が上がっていた、
ということが多いのです。
これは、語学学習の基本であるリーディングを徹底的に行うことによって、
総合的な英語力が向上するという証左でもあるでしょう。

しかし、いざ多読を始めようとしても、
自分に合うレベルの本というのは、いったいどうやって探せばいいのでしょうか。
公共図書館には英語の絵本や児童文学もありますが、読んでみると、
ネイティブの子供には当たり前でも日本人にはなじみのない単語や
イディオムが使われており、意外と難しいのです。
多読には、アメリカやイギリスなどで出版されている、
使われる単語の数や文法の難易度で最初からレベル分けされている
シリーズをおすすめします。
外国人だけではなく、ネイティブの子ども達も、
こうした本を用いて正しい英語の使い手に成長していくのです。

読書の好きな方には特にお勧めの多読は、
楽しみながら英会話が上達する、有効なメソッドといえます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中