英会話に近道はありません。まず発音からです。

 英会話を上達させたいと考える人はたくさんいますが、そのほとんどの人は手間をかけずに手軽にできる方法はないかなと考えています。
 しかし、残念ながらそのような方法はありません。地道な訓練が必要です。

 日本人に限らず異国人の英会話が通じないと言われる一番の原因は発音です。
 日本人と外国人はあごの形が違うとか言われますし、それも事実ですが、それ以前の問題として発音の訓練をしていないことがあります。
 たとえば、「Rice」と「Lice」の発音は違います。前者はお米であり、後者はシラミという意味です。
 意味が全然違うので、外国のレストランでウェイターが「Lice please」と聞こえても、さすがに「Rice please」と判断してくれることが多いです。しかし、ここまで意味が違うことばかりではないので、発音があいまいだと外国人は何を言っているのかが聞き取れません。

 発音の訓練は自分で参考書とかを買ってきて行うことは難しいです。参考書には発音する際の舌の位置等が口の中の図解入りで出ているものもありますが、初心者にとっては無理があります。あれを見てわかる人はもともとわかっている人だけです。
 日本人でも外国人でも構わないので、指導者による指導が必要です。

 発音ができるようになったら次は会話です。
 これは訓練ですからどれだけ沢山しゃべるかで上達のスピードは変わります。英語の本を単に音読するだけでも違います。
 英会話教室に通っている人でも、自宅でテキストの音読をたくさんすれば会話の能力は上がります。その際、同じ本ばかり音読するのではなく簡単なものでいいですから英語の本を買ってきて読んだり、英語のニュースの記事を読んでみたりする訓練をすると単語力もつきます。
 一番のお勧めは「シャドーイング」です。英会話を聞きながら一呼吸おいて自分で同じ文章を話すというものですが、集中力が要求されるタフな訓練です。追い付けなければ意味がないので、事前に一通り聞いて少しゆっくり気味かなと思われるスピードの会話で訓練する必要があります。

 もし、外国旅行の予定があり、なるべく早く会話力を付けたいということであれば旅行英会話の本の文章の音読だけでも効果はあります。
 本の中に出てくる文章は、旅行時に話す会話です。何度も音読することで文章も覚えてしまいますから、現地で困ることがありません。
 もちろん、発音がしっかりできていることが前提です。

 会話は口から発せられた発音を相手が耳で聞き取ります。聞き取れないような発音をしても相手は理解してくれません。
 英会話学校はお金がかかるので敬遠する人も多いのですが、発音の訓練のためには必ず必要です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中