誰でもできる英会話

英会話と聞いて貴方はどういった印象をうけますか。難しそう、自分にはできないと思っている方も大勢いらっしゃると思います。
しかし、英会話に特別苦手意識を持たなくても、やる気があれば誰でも英会話はできます。
私も中学生の頃から英語が大の苦手で欠点もいくつとったことか分かりません。そんな私でも英会話ができてしまうのです。
今回は私が実践してきた英会話の身につけ方をご紹介いたします。
まず、私が初めにやった事は単語です。皆さん結構単語を甘く見ていませんか。私は甘く見ていました。英会話を勉強するときにいつも文法から勉強していましたが、結果単語が分からないと文法が理解できていても英会話はできません。単語は言語の基礎ですので基礎なしで言語を話すなんて無理な話です。ですから、まずは単語を頭に叩き込みましょう。とは言っても単語をすべて覚える事は不可能に近いです。ですから、私は中学校で習った単語のみすべて覚えました。以外にやってみると一度勉強していただけあり思っていた以上にすらすら覚えれます。皆さんも一度は学生の時に覚えた単語を思い出すだけですから気負わずやってみてください。
単語が頭に入ったら私は文法を勉強しずにリーディングをやりました。文法を覚えていたとこでこれは主語でこれは形容詞でなんて考えながら会話なんてできないと思ったからです。私たちも日本語を話すときに文法を気にして話すことなんてありませんよね。英会話も同じなんです。ですから文法を気にしずリーディングを行いました。すると自然に単語の位置等がわかってきます。ここで大切なのはネイティブのリーディングを行うことです。正直初めてネイティブの英語を聞いた時は何を言っているのかさっぱりでした。学校で習った発音とはまったく違っていたからです。ですから、学校で習った事は忘れるようにし、毎日一文づつでもリーディングをしていきました。
私のリーディングの仕方はまずはCDで発音をしっかりと5回聞きます。その後CDと一緒に声を出して10回発音します。その後CDの後にリピートして10回発音。次に自分がその言葉をいう環境にあると思いながらCDと一緒に声を出して10回発音。これを1文づつやりました。
ここで最も大切なことはCDの音を聞きながらリピーティングすることです。CDを真似すれば自然とネイティブの発音ができるようになりますし、繰り返すことで間違いを徐々に直していけます。しかし恥ずかしがって小さい声でリピートしたり、ましてや声を出さないと意味がありません。大きい声で自分の声を聞きながら行いましょう。恥ずかしさが英会話習得の壁になっています。壁を破り英会話を習得してください。また自分がその言葉をいう環境にいると思いながら発音することにより脳で記憶されやすくなり、またその場になった時に簡単に思い出すことができます。
たったこれだけと思われる方もいらっしゃると思いますが、たったこれだけで私は英会話を習得したのです。
また、できることなら外国人の方と会話する機会を作り実際に会話してみましょう。恥ずかしがっていては英会話は習得できません。
実践してなんぼの世界ですから、恥ずかしがらずに自分の成果を見てもらいましょう。
英会話で大切なのは相手とコミュニケーションをとることです。文法がぐちゃぐちゃであろうと相手に言いたいことを伝えコミュニケーションをとることができればもう英会話を習得したも当然なのです。
恥ずかしがらず、機会があればコミュニケーションをとってみてください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中