英会話を上達させる方法

英会話が出来たら世界が広がりますよね。なぜなら、英語は世界の共通語でありほとんどの国で通じるかです。英会話が出来れば旅行等に行った時に言葉に困る事もありませんし、何より世界各国の人々とコミュニケーションを取る事が出来ます。しかし英会話が出来る様になるのは決して容易な事ではありません。英会話教室へ通ったり、語学留学をする等英会話が出来る様になるにはいくつかの方法がありますが、私が今回お勧めするのは独学で学ぶ方法です。独学と言うと難しい様に聞こえますが決してそんな事はありません。自分1人で英会話が出来る様になる為に必要な事は、リスニング、リーディング、スピーキングの3つの力をつける事です。まず1つ目に必要なのがリスニングです。お勧めのリスニング力を鍛える方法はずばり、洋楽を聴き、洋画を見る事です。なぜこの2つが重要なのか、それは自分の好きな音楽や好きな映画であれば、「どういう意味なのか知りたい」という最も大切な欲が学習を後押ししてくれるからです。例えば歌詞カードを見ながら毎日自分の好きな洋楽を聴けば次第に聞き取れる様になってきますし、字幕スーパー付きの洋画を何度も見れば自然に英会話に必要な文法が頭に入ってきます。2つ目に必要なリーディング力は、簡単な英語の本をひたすら読む事で鍛える事が出来ます。この時ポイントなのが、ページ数の多い、難しそうな本を決して使わない事です。例えば英語の漫画や絵本等を、単語の意味を自分で調べながら沢山読み進めていけば次第に、そして自然にボキャブラリーの数も増えていきます。3つ目に必要なスピーキングの力は、英検の参考書を使って鍛える事が出来ます。英検は、上の級に行けば合格する為には筆記テストだけでなく面接も必要になります。その為、スピーキング力を鍛える為には、英検の面接用の参考書又は過去問題集を1冊購入しましょう。この参考書には、実際の面接でどの様な事が聞かれたか等、面接官から問われたいくつかの質問が入っています。この質問を自分自身に問いかけ、質問に対する答えを英語だけで答えるという作業をひたすら繰り返します。始めは単語や文法等が全く出てこず、言いたい事が言えず辛く感じるかもしれません。しかし、この作業を繰り返していけば必ず物事を英語で、自分の言葉で説明する力がついてきます。英会話を上達させる為にはリスニング、リーディング、そしてスピーキングの力をこれらの方法で強化する事が大切です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中