英会話の上達方法について(子供の場合)

“これからの時代、英会話は必須になってきます。小学校でも英語の授業が導入されていますし、自分の子供には
是非英語が話せるようになってほしいと、親なら誰でも思います。子供の場合は日本語の文法も確立していませんので、英語を言語として理解するというよりは、まず音声で聞きとることが主になります。

その意味で小さい頃から絶えず英語に触れさせておくことは必要です。英語の正しい発音やイントネーションを聞かせることが目的なので、ネイティブがきれいな発音で話しているような教材を選びましょう。子供向けの英会話教室もたくさんありますが、週に1度そのような教室に行ったからと言って、すぐに話せるようになるわけではありません。自宅での学習がとても大事になります。最近は子供用の英会話教材もたくさん発売されています。音声だけだと子供は飽きてしまうので、例えば英語のアニメーションのドラマを見せるなども有効です。アニメーションだと子供は無理なく英語の世界に入ってくれて、しかも繰り返し見てくれます。英語の学習にはこの「繰り返し」という作業がとても大切なので、子供が気に入った英語のアニメーションがあったら、是非何回も見せてあげてください。そのうちに本人が意識することなく、中で使っているフレーズを口にするようになります。その際は大げさに褒めてあげてください。くれぐれも親が強制するのではなく、子供が自分から口にするように仕向けることが大切です。この段階では子供に取って英語は勉強する教材ではありません。遊びの一環として行ったほうが、結果的に早く英語を習得できます。

児童英検や英検などのテストを目標にすることも、お子さんによっては有効な手段となります。ある程度の年齢(たとえば小学生になっている)になればこのような目標を目当てに頑張りますが、あまり小さいころからこのような英語の試験の級を取ることを英語学習の目標にしてはいけません。せっかく楽しく英語に接していたのに、試験勉強となると一気に英語が嫌いになってしまう可能性があります。これでは何のために試験を受けさせているのかわかりません。またこのような資格試験が出来たからと言って、英語が話せることにはなりません。会話の力を試すような試験ではないからです。小さい頃にはいたずらにこのような資格取得を目指すよりも、英語をきちんとした音で拾えるような耳を養うことが一番重要なポイントです。

勉強としての英語はこれから先いくらでも出来ますが、英語耳を養うには小さい頃どれくらい英語を聞いて来たかによります。子供には是非「今やると一番効果のあがる英語学習法」として、きれいな英語をたくさん聞かせるという方法を試してみてください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中