英会話は場面のイメージも大事!意外と役立つ、日常的なトレーニング

“英会話の上達に大事なのは、「場面を意識した会話」ということです。

英語は日本人にとっては外国語ですから、当然、その言葉で表現されるニュアンスや、イメージはどうしても間接的な伝わり方になることは避けられませんし、同時に、これを文字媒体だけで勉強していると、その、微妙なイントネーションの使い分けなども読み取れなくなります。

早い話、棒読みで勉強しているのと同じことになってしまうのです。

ですから、英語に限らず、外国語の会話をマスターしようと思ったら、シーンと会話がセットになっていなければなりません。そのために、小学校や中学校でも、英会話の勉強の時は、必ず場面と会話をセットで学んできていることでしょう。しかし、これだけでは、決まりきったパターンを丸暗記するに近く、ごく初歩的な会話にはなりますが、「自分の思ったことを伝える」「自分の感情を込めて話す」といった、より高度な表現力を養うのには不向きです。

そして、困ったことに、こうした経験は、短時日で身につくものではありませんね?日本人が生まれてから大人になるまで、どっぷりと日本語の中に浸かって生活してきて、その社会の中で言葉を使うことで、初めて年齢にふさわしい言語能力が身につくのと同じように、英語も、年齢に伴った経験を過ごすことでやっと言語力が身につくようになると考えると、第二外国語である英語を使いこなすようになるのには、普通にやっていったのでは、「そんなに短期間でマスターできる人は少ない」ということになってしまいます。

しかし、楽しみで英会話を学び、やり取りを交わすことができるようになることが目的ならば、「疑似体験」をたくさん重ねることで、短期間で、トレーニングをすることっも可能です。しかも、家庭で休みの日などに、楽しみながら行うことができる方法があります。

一番、お手軽なのは、NHKなどで放送されている第二音声を利用する方法です。民法でも一部の番組には利用されているので、あえて、日本語ではなく、英語でニュースや、洋画の放送などを見るようにします。こうすることでネイティブのスピードにも慣れ、会話の感情を込めた表現が拾えるようになります。気に入った作品があるようなら、DVDの洋画を英語で見るのも良い方法です。

ニュースや洋画を見ればわかるように、実際のネイティブの会話スピードはかなり速いものです。これについていけないと、話しかけられても言葉が拾えない、ということになりますから、このトレーニングは、リスニングの能力を上げるのにも役に立ちます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中