リスニングは「習うより慣れろ!」たくさん聞くことで、確実に上達!

英会話を考えるとき、「とにかく話せるようになること」を気にかける方は非常に多いです。そのために、語彙を増やそうと、たくさんの本を読んだり、高価な電子辞書で単語練習をなさったりします。それはそれで、とっさの時の単語をレスポンス良く使いこなせるようになる役には立つでしょう。

しかし、「とにかく、聞き取れるようになる」ことを意識して、英会話を勉強しようと考える方は、非常に少ないです。
これは、「会話」というものが「やりとり」であることを考えると片手落ちであり、とても残念なことだと言えます。

会話というものは、相手の話していることが聞き取れて、かつ、適切に理解でき、それに応じたレスポンスを返すことで初めて成り立ちます。たとえば日本語だって、「会話がかみ合っていないな」と感じると、自然とお互いに話が続かなくなり、そのまま、なんとなくお互い黙ってしまうなどのことが起こりますね?英語も同じです。話が弾む状態、というのには、「相手が何を言ってるか分かる」ということが非常に重要なのです。

また、日本の学校教育の中での英語は、比較的ゆっくりしたリーディング、ゆっくりしたスピーチで進められています。ネイティブのスピーチするスピードからしたら、ほとんど、ご高齢の方の話す速度並みにゆっくりです。英語のテレビコマーシャルなどをみると、とても、追い付いていけないスピードです。しかし、本場のネイティブスピーカーたちは、CMほどではないにしろ、テレビのニュースが普通の速度で聞き取れているわけですから、せめて、ゆっくり話してもらえなくても聞き取ることぐらいはできるようなリスニング力を身に着けるつもりでいないと、本場の速度にはついていけないということになってしまいます。

では、リスニング力をアップするにはどうしたらいいか?これは、基本的には「習うより慣れろ!」しかありません。これまで、ネイティブの速度に合わせたリスニングをしてきていないのですから、ひたすらたくさん聞き、耳を鳴らしていくことが最も実行力がある方法ということになります。

しかし、教材などの決まりきったものを繰り返し聴き続けるだけでは不十分です。当たり前ですが、本当の英会話では、テキストに添った会話が展開するわけではありません。相手が何を言ってきても聞き取れるようにならなければ、本当の意味ではリスニング力がついたとは言えませんね。

ですから、日常的に、英語を聞き流す訓練が一番効果が高い、リスニングのトレーニングになります。具体的には、英語でNHKのニュースや相撲中継などを聞いてみるのが、手っ取り早く、実行しやすい方法です。最初は、字幕を日本語にして聞いてみると良いでしょう。ニュースでは、習ったこともないような単語も飛び出してきますが、これがネイティブの会話では普通に使われている単語ということでもありますから、とにかく、聞き取れるようになるまで、毎日、ニュースを聞き続けるくらいでちょうど良いのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中