英会話を上達させるために気を付けること

“英語を話せるようになりたい!と夢見て、英会話を習い始めてはみたものの、なかなか上達しない…と悩んでいる方は、少なくありません。
英会話を学ぶにあたり、まず文法などの基本的な事項もとても大切ですが、それよりもまずもっとも大切なことは、とにかく自分の口で英語を
話してみる!ということです。

その際には、文法的には…ということよりも、意味が伝わるかどうかということのほうが大切と考えて
とにかく、たくさん話すこと。

赤ちゃんを見ればおわかりのように、まず一番最初に言葉を話すときは、単語から話し始めます。
文法なんて考えていません。そのあと、意志を伝える単語を、並べて話すようになりますね。
さらに言葉を覚えてから、はじめて文法を使って話せるようになるのです。

英語を話せるようになるというのも、その段階がとても大切です。
最初から、きちんとした英語を話せなければ、ちょっと恥ずかしい…と思ってしまって、気軽に英語を口にできないと思われる方も
多くいらっしゃいますが、そのままでは、英会話が上達するのは、思った以上にうんと先か、またはまったく上達することが
できないかもしれません。

まずは恥ずかしがらずに、単語だけでも良いから口に出して発音してみることが大切です。

また、次に大切なことは、定期的にできれば毎日、英語を使う時間をつくることです。
英会話のレッスンに通っている時間だけ英語を使うのではなく、自宅で目についたものを、
英語で言ってみるというだけでも効果があります。
できれば、いつでも英語でコミュニケーションをとれる友人や知人がいれば
もっとも良いのですが(これは一番早く英会話が身に付きます)なかなか国内で
そのような機会に恵まれることもありませんので、地道に一歩一歩学んでいきましょう。

さらに言語は、耳から入ってくる情報がとても大切です。これも赤ちゃんが言葉を覚えるのと同じ原理です。
そのため、毎日英語のニュースや好きな映画、ドラマなど、英語に触れる時間を持ちましょう。
とくに映画やドラマは、日常に使う言い回しや、たびたび出てくる単語を知ることにより、
英語を実際に使うときに役立つ、リアルな勉強をすることができます。
ある程度の英単語が聞き取れるようになったら、映画は、日本語字幕ではなく英語字幕にしてみることも
お勧めです。
特に、モノクロなどの古いけれどいまだに愛されている映画は、丁寧な言葉づかいを使っていることが多いため
現代の言い回しを学ぶことはできませんが、正式な英語の文法や使い方を学ぶことができます。

このように、英会話が上達するためには、日々の自分からの発信と耳からの吸収が大切です。
少しずつ積み重ねて、どんどん上達をめざしましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中